昭和30年代の交通事情

広告


修学旅行生の命がけっぷりが凄いw
それにつけても道路事情の劣悪さが目立ちますね。戦前~戦中は鉄道偏重で道路整備は遅れに遅れていました。

1953年に田中角栄議員(当時)らの議員立法により、「道路整備費の財源等に関する臨時措置法」がつくられ、「揮発油税」が道路特定財源となった。
道路特定財源制度 – Wikipedia
注)1953年=昭和28年

昭和30年代といえば、ちょうど道路特定財源制度が作られ、道路整備が加速し始めた頃ですね。この映像を見れば「当時の」道路整備の必要性がよく分かります。
続編もあるので合わせておすすめ


しかし、こうしてみると今の日本の道路整備はものすごいものがあります。さすがに道路特定財源の必要な時代はもう過ぎ去っていますね。
あと農道や林道の財源も話題になってないけど、相当酷いはず…
ちなみに、酷道1号線その10は50%くらい。今夜~明日にはうpできそうです。

広告

動画

Posted by kazusap