世界一不味いグミを食べてみた

広告


この、PreStarの「なんでもたべてもらいますコーナー」があまりにもガチすぎてワラタw みんな容赦ないなw
で、この中で「世界一不味いグミ」が出てきたのですが、友人共々妙に興味を持ってしまい、本日ゲットしてきました。
ixy_7215.jpg

広告

浜松市志都呂の天空の城ジャスコへ
ixy_7219.jpg
世界一不味いグミがおいてあるという、ヴィレッジヴァンガードに初突撃。すげー店だ。
ixy_7229.jpg
で、これが世界一不味いグミこと、HARIBOの「SCHNECKEN(シュネッケン)」
ixy_7233.jpg
PreStarで出てきたものと違うものなのですが、なんというか、こちらのほうが見た目からして終わっているような気がするんだぜw
これを端から剥がしながら食べるのだそうですが…
一口入れて「ん、ちょっと木の根っぽいけど、そんなに変な味じゃあ…」
続けて口に広がる明らかにおかしな酸味と得体の知れない臭いに慌ててお茶をがぶ飲みするも、口の中にこの世のものとは思えない後味がしばらく残っていましたw
うーん、これはもう食べられない!
しかしこれが平気で、むしろ好きな人が居るんだそうだから世界は広い…
ちなみにお店のポップには「一言で言えばタイヤ味」って書いてありました。そう言われるとパッケージが秀逸すぎる…w
ちなみにこのシュネッケン、「リコリス」という木の根の甘味料を使ったグミだそうです。欧米ではリコリスを使ったお菓子がいくつもあって、結構人気があるらしいですよ。

広告

日記

Posted by kazusap