明日の車載のために その1(車載マウント編)

広告

さて、酷道動画撮影にあたって一番の難関は恐らくこれ、車載マウントだと思います。
IMG_3868.jpg

広告

IMG_3870.jpg
私はエツミが輸入販売している、ハマ カーカメラサポート ユニバーサルという製品を使っています。強力な吸盤でフロントグラスに吸着します。アキバヨドバシのビデオカメラコーナーで12800円くらいだったかな? そのほか通販で扱っているところもあるようですね。
これの注意点としては、
 1、落下防止ヒモの金具がうるさい
 2、ヨコ開きの液晶画面の場合、アームが干渉する可能性がある
といったところでしょうか。
まず1ですが、私の場合は一旦分解して金具を取ってしまいました。
2は、カメラをめいっぱい後ろにマウントし、角度を調整すればギリギリ画面が写るまで開けます。正直ちょっと辛い角度です。これはカメラによって違うので、ここでひっかかってしまうとかなり辛いことになるでしょう。できれば一度試してみられればいいのですが…もしひっかかってしまったら、カメラ用品の、マウント位置をずらすような金具を使う方法があるでしょうか。
あと、吸盤で固定する車載マウントとしてはケンコーのバキュームマウントグリッパーIIなどもあり、こちらのほうがハマのものより評判が良いようです。ただ、製品写真を見て分かるように、フロントグラスに固定する場合はカメラが逆さまになってしまいます。アングル等の金具を使って正位置にするか、あるいは逆位置のまま録画して編集で反転している方もおられるようです。
あと、コンデジ等小さなカメラにはデジカメ吸盤君というものもあり、安くていいかなと思うのですが、どうやら車の振動等で動いてしまうという情報もあってちょっと微妙かもしれません。
ちなみに上の写真で車載マウントに載っているビデオカメラは、sonyのTRV-22K(青)です。
とりあえずこれだけあれば撮れますが、あと長時間撮るのに必要なのがシガー電源アダプターです。これはAC電源インバーター+ビデオカメラのACアダプターでもおkです。

広告

日記

Posted by kazusap